横須賀こども食堂 横須賀みんなのカレー食堂は 誰でも無料で利用できる地域食堂です 横須賀カレーラボ 旧 日刊カレーニュース

『横須賀みんなのカレー食堂』の歴史について ~代表の想い~ 

  • HOME »
  • 『横須賀みんなのカレー食堂』の歴史について ~代表の想い~ 

『横須賀みんなのカレー食堂』の運営団体、「横須賀カレーラボ」の創立は、2019年4月 代表が地元横須賀で開いた『カレー料理教室』がそのスタートです

 

 

当初は「原材料費だけで参加できるカレー教室」として簡単なインドカレーをメインに調理会を開催していました 回を重ねるごとに参加者が増えてきましたが、コロナ感染拡大に伴い活動が制限されるようになりました カレーや料理が好きな人だけが参加する「サークル」ではなく、カレーで地域の人々を幸せにする活動を行いたい 代表者はそう考えるようになりました

 

2020年12月には「チャリティーカレー」を実施し、150食のバターチキンカレーを1円以上の募金で提供 

 

 

2021年3月からは、カレー専門の無料「こども食堂」をオープンし、地域のこどもと保護者が安心してカレーを食べることができる場所を作りました

 

 

12月には第2回目となる「チャリティーカレー」を開催

 

 

さらに、こどもだけでなく「生きづらさ」を感じている「おとな」を対象としたカレー「おとな食堂」の活動をスタートしました(2021年12月)

 

 

2022年9月からは、地域の誰もが無料で食事することができ、心を通わせることができる「みんなの食堂」を9月29日にオープンします

 
地域のみんなで安心して食事ができる場所、元気な人でも、病気があっても、障害があっても、お金持ちでも、心が疲れていても、経済的に厳しい方でも誰でも参加できます
 
何の区別もありません 一緒に同じカレーを食べて、地域の交流がはかれる食堂です

 

わたしたちは、地域の課題をカレーを使って解決する団体でありたいと思っています

皆さんの参加をお待ちしています 一緒に素敵な地域、作っていきましょうね

 

 

【番外編】 横須賀カレーラボ設立までの経緯について 

      ここに代表(村尾直人)の思いを書きます

 

当団体の代表である私(村尾)は、平成18年から25年まで8年間 「カレーの街よこすか」の事務局を担当しました ご当地カレー「よこすか海軍カレー」をPRする仕事です 全国の自治体をまわり、北海道から九州までのイベントに出展し、海軍カレーを売りました

ご当地カレーは地域の誇りです 地元を盛り上げるために横須賀でも様々なイベントを企画し「よこすかカレーフェスティバル」は6万人規模の参加者を誇る地域最大級のイベントとなりました  

結果的に海軍カレーは日本一知名度のあるご当地カレーとなりました 

 

ご当地カレーの業務を卒業後は、カレーまみれの生活を送りました カレーマニアです 数年間、年に500食以上のカレーを食べる生活をしました 平日は地元で仕事をして、土日は東京でカレー6食です いい歳して漫画喫茶に寝泊まりしていました

 

 

カレー大學の講師も務めました 様々なカレー店、カレーマニアとの出会いがありました グルメ雑誌への寄稿や、テレビ番組のカレー特集に出演することもありました マニアとしての活動は楽しいものでした 好きなことを好きなだけやるから楽しいのは当たり前ですよね 当ブログの前身「日刊カレーニュース」はカレーが好きな人なら誰もが知るメディアとなりました

 

 

理想のカレーを追い求める過程で、カレーを自作するようになり、私は生活を見直すことになります インドカレー、タイカレー、ネパールカレー、欧風カレー、スープカレー どんなカレーでも作ることが出来るようになりました そうすると「食べ歩き」の熱がさめていくのを感じたのです そんな時に地元で「カレー教室をやってほしい」というリクエストをいただいたのです 2019年3月のことです

これが、『横須賀みんなのカレー食堂』の運営団体、「横須賀カレーラボ」の創立のスタートとなりました 

わたしたちは、地域の課題をカレーを使って解決する団体でありたいと思っています

皆さんの参加をお待ちしています 一緒に素敵な地域、作っていきましょうね

 

 

 

 

 

横須賀みんなのカレー食堂 代表 村尾直人

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP